旧法との違いによる注意点

どんな法律であっても、その時代には最適とされていたものは、現代に最適な法律となるよう、どんどん改正されていきます。そうすることによって、法律は新しくなっていき、私達の生活もそれに基づいたものとなっていきます。当然ですが、それらの法律は良い方向へと改正されていきますが、基本的には従来の法律の問題点が改善されたものとなっています。

いわゆる『借地借家法』もそれと同様に、旧借地法から改正されて、現代の法律になりました。旧法にはどのような問題点があったのでしょうか。簡単に言うと、契約者と、土地を貸す側、それら双方の立場に不公平さがあったという問題点です。旧法では、基本的に土地を貸している側が契約を打ち切るということはかなり難しいものでした。その点において、新しい法律では改善が行われました。

通常の借地権では『更新』が認められているという点を記述しましたが、旧法よりも、土地を貸す側が解約しやすくなりました。基本的に借地権というのは、土地を借りる側がどちらかというと優遇されている法律となっています。この点は変わりませんが、解約する事由が正当なものであれば、土地を貸す側が借地権を解約しやすくなりました。それには、未払いなどの事由があります。

関連サイト・・・http://syakuchi-kaitori.com/
借地権に関するトラブルについて無料で相談できる【借地買取りドットコム】