契約上の注意点

このように、借地権契約は非常に長い期間での契約になりますから、その間に何らかの違反があれば解約できるものと思ってしまいます。しかし、実際にはそう簡単に行かないこともあります。その前に基本的な借地権の種類について取り上げましょう。

借地権には、通常の借地権、そして「定期借地権」、「地上権」などの種類があります。前者2つについては、基本的なこととして、覚えておいても良いでしょう。通常の借地権は、契約が30年、そして更新し続けていくことによって契約が継続していきます。通常の借地権の場合、建造物の『買取請求権』が認められており、契約が満了した際に建物を買い取ってもらうようなことも可能となります。通常は、この契約が用いられることが多いでしょう。

対して、「定期借地権」は、『定期』とあるように、契約期間が最初から50年、と決められています。通常の借地権で認められている『更新』も定期借地権にはありませんし、建物の『買取請求権』も、認められていません。いわゆる『借りる』費用が比較的安いことから、マンションの建設時などにこの契約が用いられることがありました。このような基本的なことを抑えておくと、借地権について最低限のことを理解できます。